ご挨拶

はじめまして。
大手町クリニック 院長の松原 寛です。
がんと診断されると、通常はエビデンス(証拠、根拠)に基づく医療EBM(evidence based medicine)が標準治療として、発生した臓器と腫瘍の大きさや数、またがん細胞の種類や転移の有無などに基づいて選択され広く提供されています。
そうした中、新たな治療法が考案されても標準治療として広く認められるには、科学的根拠や臨床的な裏づけが得られたとされるまでには、多くの治療成績をあげることが必要とされ、保険を利用できる医療とされるまでには、更に非常に長い期間を必要とします。
標準治療を提供する立場として長らく診療に携わってきましたが、標準治療だけでは納得出来ないとして、その中には効果を疑問視せざるを得ないような治療に飛びついている方にも多く接してきました。
患者さん個人で考えれば生命に直結する重病ですから、いずれの治療であってもとにかく効果 があがることこそが重要なのだと痛感するとともに、かけている思いをくじくことも出来ず、積極的な働きかけを行うことはこれまで出来ませんでした。
その忸怩たる思いから、自らが効果が期待される医療を示すことが出来ればと考え、現在は研究レベルとされるがん治療を提供すべく取り組むことといたしました。

院長の経歴

医師としてスタートを切った時から、消化器を中心に内科医として診療にあたって来ました。そうした中で、胃や大腸の早期がんでは内視鏡的な切除術、肝臓がんなどでは超音波ガイド下に穿刺して焼灼や薬液の注入を行うなどの治療を長年積極的に行って来ました。 また消化器領域以外にも、肺がんや血液がんなどを中心に化学療法(抗ガン剤治療)を行う機会も、数多く得て参りました。 開業を機に入院を必要とされる積極的な局所治療を継続することは断念しましたが、これからもがんに苦しむ患者さんに、少しでも寄り添って行きたいと願い日々取り組んでいます。

学歴

H6年3月
愛媛大学医学部医学科 卒業
H14年3月
愛媛大学大学院卒業

職歴

H6年5月
愛媛大学医学部附属病院 第3内科研修医
H7年3月
市立八幡浜総合病院 内科医師
H14年4月
市立大洲病院 内科医長
H15年3月
町立吉田総合病院 内科医長
H16年6月
市立宇和島病院 内科医長
H17年7月
独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター 内科医師
H21年2月
慈強会松山リハビリテーション病院 内科部長
H23年2月
康仁会西岡病院 副院長
H24年7月
大手町クリニック 内科消化器内科 開院
H27年1月
クリニック移転に伴い、クリニック名を「医療法人 大手町クリニック」へ変更

資格

  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定内科専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器病学会認定専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本超音波医学会認定超音波指導医

がんを告知された方へ

当クリニックでは、免疫療法を中心としたがん治療を行っています。 免疫療法は、本来人間の体にある”がん”に対する自然治癒力を高めて、がん細胞を攻撃する治療です。

がんの告知を受けた方から、「頭の中が真っ白になり何も考えられなかった」という声をよく聞きます。生死を左右する重大な問題なだけに、慌ててしまうのも無理がありません。告知時において大切なことは、”医師の言葉を冷静に受け止め、病状をできるだけきちんと把握した上で、提示される治療方針に耳を傾けること”です。 医師の話を落ち着いて聞き、不安なことや疑問があれば、積極的に質問しましょう。医師の説明が難しければ、理解できるまで、何度でも説明を求めてください。これからがんとの長い戦いが始まるのですから、遠慮は禁物です。患者さまご自身がご納得できる治療法を選択していただきたいと思います。

今受けている治療に不安をお持ちの方、治療効果が得られずに疑問を感じている方、副作用の少ない治療法をお探しの方は、是非一度ご相談ください。

免疫療法の特徴

副作用が少ない
免疫療法はご自身の細胞を用いる治療法ですので、基本的に重篤な副作用は起こりにくいです。 抗がん剤の副作用などによって辛い思いをされた患者さまにおすすめの治療法です。
手術後の再発予防にも活用
手術などの初期治療後の再発予防治療では、一般的に抗がん剤を用いるケースが多いですが、抗がん剤治療は副作用の不安があります。 免疫療法は副作用が少ないため、普段と変わらない日常生活を送れることも魅力です。
抗がん剤など他の治療と併用可能
現在、抗がん剤や放射線治療をされている方でも、併用して治療を受けて頂くことが可能です。 各治療で作用する機序が異なるため、免疫療法を併用することで、症状の緩和やQOL(生活の質)の改善が期待できます。
どのような種類のがんにも対応
免疫療法は一部の血液系のがんを除き、どのような種類のがん患者さまでも受けて頂くことができます。

他のがん治療との併用

抗がん剤治療や放射線治療などの標準治療は、各療法ごとに性質やがん細胞への働きかけ方が異なります。これまでのがん治療では、外科手術でがん組織を切除した後、転移や再発を防ぐために積極的に標準治療を行っていました。効果がある一方、重い副作用に耐えなければならないという問題もありました。 最近では、標準治療と免疫療法を併用して、治療効果を高めるがん治療が増えています。がんの再発・転移を早期に防ぐために、手術の後に免疫療法を行う方法があります。更には抗がん剤との併用も可能です。 患者さまの状況を見極めた上で、標準治療と免疫療法のそれぞれの利点を理解し、適切にバランス良く組み合わせて治療していくことが大切です。

※副作用について
本来、患者様ご自身の細胞を使用するため、38.5度までの発熱とそれに伴う倦怠感、もしくはワクチン投与局部の発赤以外、 重篤な副作用は報告されていません。

当クリニックで行う免疫療法

免疫療法には、それぞれの意味と役割があります。何か一つの免疫療法に偏るのではなく患者さまの症状にあわせ、時には免疫療法を組み合わせることでバランスのとれた治療を行うことが、意味のある治療だと考えます。

樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞は白血球の一種であり、体中に存在します。樹状細胞はウイルス感染した細胞やがん細胞などを認識し有害なモノとして捕まえ、それらの特徴をリンパ球に情報として伝えます。情報を受け取ったリンパ球は、有害なモノだけを狙って攻撃を仕掛けます。樹状細胞ワクチン療法は、患者さまの体から取り出した細胞を樹状細胞に育て、がんの目印をつけ再び体内に戻すことで、がんだけを攻撃させる指令を出す司令官を増やす治療方法です。

活性化Tリンパ球療法

リンパ球は体内の白血球のうち20~40%を占め、Tリンパ球、Bリンパ球、NK細胞などの種類に分類されます。そのうちTリンパ球は、体内にある樹状細胞からの指令を受け、がん細胞やウイルス等を直接攻撃します。活性化Tリンパ球療法は、血液から採取したリンパ球を体の外で増殖・活性化させ体内に戻すことで、目印を持つがんを攻撃するTリンパ球を人工的に補充する治療方法です。なお、一部、血液系の感染症患者さま(成人T細胞白血病、AIDS/HIV)では適応が難しい場合がありますのでご相談ください。

NK細胞療法

NK細胞には、がんの情報(目印)や樹状細胞からの指令が無くても、正常細胞以外の細胞だけを攻撃しに行く性質があります。 NK細胞療法は、リンパ球に含まれるNK細胞を体外で人工的に増やしたあと体内に戻すことによって、Tリンパ球が攻撃しきれなかったがん細胞を強い攻撃力をもって叩く治療方法です。なお、一部血液系のがん(成人T細胞白血病、HIV)では適応が難しい場合がありますのでご相談ください。

治療の流れ

治療相談では、当クリニックで受けられる治療の具体的な内容や期待できる効果、また現在受けている標準治療との兼ね合い、必要な治療期間や料金等、患者さまやそのご家族さまが抱える疑問や、不安に感じられることについて、一つひとつ説明をさせていただきます。まずは医師とお話しいただき、ご理解を深めていただいた上で、その後どのように治療を進めていきたいかをご検討いただければと思います。 治療相談にお越しいただく際、患者さまの病状をより正確に把握するために、可能であれば資料をご用意いただくことが望ましいですが、主治医に依頼するのが難しい場合やお急ぎの場合は、お手元にある資料だけでも結構です。 患者さまご自身の来院が難しい場合、まずはご家族さまだけでご相談にお越しいただくことも可能です。(その上で、治療を希望される場合は、改めて日程を調整し患者さまに初診を受けていただきます) 当クリニックでの治療相談をご希望の場合はまずお電話(089-931-1374) にてご予約ください。 ご予約なしでお越し頂きましても、治療相談は出来かねますので、予めご了承下さい。

当クリニックでの治療を行うために必要な血液検査を行います。
※ご希望があれば、治療相談時に血液検査を行います。

検査結果が出るまでの期間は約1週間

画像データ、血液検査データ、問診などをもとに、医師が患者さまに合った治療内容をご提案いたします。お話を聞いていただいた上で、患者さまとそのご家族さまでご相談いただき、当クリニックの治療を受けられるかどうか、また治療を受けられる場合はその開始時期が決定されます。

がん免疫療法を行うための採血をします。採血方法は治療方法により異なります。 樹状細胞ワクチン療法: 樹状細胞のもとになる”単球”を取り出すために、アフェレーシス(成分採血)という特殊な方法で採取します。1時間半から2時間かけて単球を含む必要な成分だけ取り出し、それ以外は体内に戻します。 活性化Tリンパ球療法: 活性化Tリンパ球療法のもととなるリンパ球を採取するために、約25ml採血します。 NK細胞療法: NK細胞療法のもととなるリンパ球を採取するために、約30ml採血します。

GMP(Good Manufacturing Practice)に準拠した厳格なクリーンルームにて細胞培養を行います。限りなく0%に近い確率まで汚染のリスクを低減させる体制を整えています。

培養期間は治療方法により異なる 大抵約2~3週間

療法や患者さまの状態により治療期間は異なりますが、基本的に約1~4週間に一度のペースで投与を行います。 樹状細胞ワクチン療法:1~2週間に1回のペースで投与します。 活性化Tリンパ球療法:1~4週間に1回のペースで活性化Tリンパ球を投与します。 NK細胞療法:1~4週間に1回のペースで高純度活性化NK細胞を投与します。

治療期間について

抗がん剤治療や放射線治療などの標準治療においては3ヵ月を目途に、治療の効果や副作用、そして病状などを基に治療方法が検討されています。当クリニックの免疫療法も同様に、治療開始から3ヵ月前後を目途に治療内容を再検討します。しかし、免疫治療の効果については、短期間で判断することが困難な場合が多いため、日頃から医師が患者さまやご家族さまと出来る限り交流を持ち、病状をより的確にご理解いただけるよう心掛けています。

費用

当クリニックでは、患者様にご納得いただき、いつでも最適な治療をお受けいただく為に、費用につきましては治療の都度ごとにお支払頂いております。また、当クリニックで行う免疫治療は公的保険が適用されない自由診療のため、治療費はすべて自己負担となります。

診療費

治療相談料 初回の相談料※ 10,800円
再相談料 2回目以降の相談料 (30分程度) 5,400円
初診料 治療開始時(初回の検査採血時)に頂戴します。 10,800円
再診料 初診以降(再相談以外)の来院毎に頂戴します。 3,240円

※治療相談時に初回の検査採血を行った場合、治療相談料は初診料に充当いたします。

治療費

樹状細胞
ワクチン療法
アフェレーシス(成分採血)
ワクチン培養・管理費
樹状細胞ワクチンの培養と管理を行います。
※作成できるワクチン本数には個人差があります。
464,400円
がん抗原
(1種類あたり)
患者さまのがん種により、適応の合ったがん抗原(WT-1ペプチベータ※1、NY-ESO-1ペプチベータ ※2、その他)を樹状細胞ワクチンの目印として使用します。
※殆どの患者さまで2~4種類のがん抗原を用いています。
108,000円
自己がん組織処理料 手術の際にお預かりした自己がん組織を処理し、樹状細胞ワクチン療法に使用します。 108,000円
ワクチン準備・投与料
(1回あたり)
注射にて樹状細胞ワクチンを投与します。 108,000円
NK細胞療法(1回当たり) 1回分の採血、培養、投与料です。 291,600円
活性化Tリンパ球療法(1回当たり) 1回分の採血、培養、投与料です。 216,000円

※治療相談時に初回の検査採血を行った場合、治療相談料は初診料に充当いたします。

3ヶ月を目安とした治療費総額の例

3か月間治療を継続した場合の治療費の総額例です。治療法や患者様の状態により異なります。
当クリニックでは患者様に適宜、最適な治療を受けていただきたいという思いから、柔軟な対応ができるよう、治療費のお支払いをはじめにまとめていただくことはありません。治療毎にお支払いいただいております。

例1:樹状細胞ワクチン療法を計6回投与した場合

投与の回数や、使用するがん抗原の種類は患者様により異なります。

初診料 アフェレーシス がん抗原3種 投与料+再診料 合計
10,800円 + 464,400円 + 108,000円×3種 + (108,000円+3,240円)
×6回
= 1,466,640円

※アフェレーシス時のお支払いとなります。※投与毎のお支払いとなります。

 

例2:NK細胞療法と活性化Tリンパ球療法を2週間ごとに3回ずつ合計6回行った場合

初診料 NK細胞療法+再診料 活性化Tリンパ球療法
+再診料
合計
10,800円 + (291,600+3,240円)
×3回
+(216,000円+3,240円)
×3回
= 1,553,040円

※毎回採血時のお支払いとなります。

医院概要

医療法人 大手町クリニック
松山市大手町1丁目4-1 ココファン松山大手町1階
   089-931-1374
診察時間
9:00~13:00
15:00~18:15

 電車でお越しの方へ

【市内電車】 西堀端駅下車~徒歩3分
【郊外電車】 大手町駅下車~徒歩2分
【J R】 JR松山駅下車~徒歩7分

 バスでお越しの方へ

【路線バス】 愛媛新聞社前停留所下車~徒歩

 地図

提携医療機関


提携医療機関地図